ご挨拶
写真:院内の様子

東京都北区の【せき・ぜんそくクリニック十条】のWEBサイトへようこそ。

当クリニックは、呼吸器科の内科専門医院です。
特に喘息(ぜんそく)の治療に力を入れ、きめ細かな診療を行っております。
患者さんの健康を包括的な治療・予防でお守りしております。

長い間、喘息(ぜんそく)でお悩みの患者さんはいらっしゃいませんか。 喘息(ぜんそく)は小児よりも大人のほうが治療効果が得にくくなる病気。 もし、治療を続けているのになかなか症状が改善しないとお悩みでしたら、ぜひ当クリニックにご相談ください。

喘息(ぜんそく)でお悩みの患者さんのお役に立てればと願い、新しい治療法・知識も積極的に採用しています。

地域のホームドクターとして、喘息(ぜんそく)治療から風邪の診療まで、みなさまから頼りにされるクリニックを目指し、努力してまいります。

どうぞ、お気軽にご来院ください。

バナー:read more



―・ management philosophy ・―
経営理念
●患者さんにとって  患者さんにとっては病気とのつきあい方を通じて患者さん自身が成長できる、理想をいえば患者さん自身が最高の主治医になれるクリニックを目指します。 ●スタッフにとって  スタッフにとっては安心ができ、働き甲斐がある、どんなに時代が変わっても対応できるクリニックを目指します。 ●地域の人(社会)にとって  地域の人にとっては当院があるだけで安心してもらえるようなクリニック、病気になったときに一番に思い出してもらえるクリニックを目指します。


2022年クリニック名変更の経緯

 まずこのクリニックの名前にもなっている喘息という病気についてお話します。

昭和のころの喘息は治らない病気でした。当時の呼吸器内科の入院患者のかなりの数が喘息だったといわれています。

 ところが平成10年頃になって生まれた吸入ステロイド療法によって、喘息で亡くなる方は激減しました。喘息は治療ができる病気になったのです。

 私が医師になったのが平成10年ですが当時は地域の一般内科では吸入ステロイド療法が普及しておらず、昭和の治療のままだったので、呼吸器内科の外来は喘息の患者さんであふれかえっていました。苦しくなった時には自宅に酸素ボンベを持ち込んで酸素を吸ってしのぐしかないような生活をしていた方もいらしたのですが、そういった方の生活を激変させていくのを私は目の当たりにしてきました。

 こういったことは当時としては仕方のないことだったのですが、患者さんにとっては初めに診てもらう医師の違いでその後の生活がまったく違うものになるといいうことを痛感させられました。

 当時から20年以上がたち内科医として外来の診療を続けて改めて気が付いたのは、喘息の治療が一般の人たちに充分普及していないという事実です。治療が生まれてから20年以上もたつのにということです。

 そこで私は考えました今より喘息の人にとって見つけやすいクリニックにするにはどうしたらいいか。喘息の人たちが初めにかかる医療機関が自分たちのクリニックになれるようにしようという思いを込めて、「せき・ぜんそくクリニック」という名前に変えて2022.4.11新たにオープンすることにしました。


ご来院の方へ

感染対策のため、受診の際にはマスクの着用をお願い致します。
予約制となりますので、WEB予約をご利用ください。

WEB予約して頂くと携帯端末から受診の順番が分かり大変便利です。診察の際も接触を最小限になるように、院内の滞在時間が短くなるように努めております。

WEB予約はこちら


お知らせ

発熱、咽頭通、倦怠感などのある方は感染予防の観点から午前中の受診をお願いしております。

午後に来院された際には、症状によっては診察をお断りする場合があります。




咳・ぜんそくについて
バナー:今すぐ診断 喘息セルフチェック
バナー:こんな症状は危険信号? 喘息の発作と症状
バナー:専門医が教える 喘息Q&A



診療時間

午前





午後





受付時間
午前   9:00~11:30
午後 15:00~18:30

休診日:土曜の午後・水曜・日曜・祝祭日
また、WEB予約に関しましては18時まで受付けております。


医院案内
医院名医療法人社団 天使の梯子
せき・ぜんそくクリニック十条

院長堀江 秀治
TEL050-5211-7472
所在地〒114-0031
東京都北区十条仲原1-28-13-1階
最寄り駅・埼京線「十条駅」徒歩6分
・京浜東北線「東十条駅」徒歩6分
十条銀座商店街中