新着情報

■2016.05.31

ホームページをリニューアルいたしました。


医療情報

〒114-0031
東京都北区十条仲原2-10-20

ご予約・お問合せはこちら

03-3905-1862

【休診日】
水曜・土曜午後・日曜・祝日

詳しい医療情報はこちらから
せきぜん息診療

埼京線「十条駅」北口を出て、右側にある商店街(十条銀座)を抜け、 信号を渡った先の環状7号線手前にあります。

喘息の発作と症状

喘息(ぜんそく)があると、長年にわたり(せき)や、ゼーゼー、ヒューヒュー、胸が締め付けられるような胸の苦しさがあります。

発作が強くなるにつれ、呼吸困難がみられるようになり、陥没呼吸(のどの下の部分や肋骨の間、みぞおちなどが息を吸うときに凹む)や、肩呼吸(肩を上下させて息をする)をするようになります。

喘息の特徴的な症状

  会話するのが困難になる
  チアノーゼ(くちびるが紫色になる)がみられる
  座ったとき、前かがみの姿勢で息をする
  息切れのため歌を歌い続けられない
  電話で話をしていると息切れを感じる

喘息発作の程度の種類(喘息の重要度)

 STEP 1  軽症間欠型

STEP1: 軽症間欠型

  • 症状が週1回未満
  • 症状は軽度で短い
  • 夜間症状が月に1~2回あり

    ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の80%以上、変動20%未満

 STEP 2  軽症持続型

STEP2: 軽症持続型
  • 症状は週1回以上、しかし毎日ではない
  • 日常生活や睡眠が妨げられることがある(月1回以上)
  • 夜間症状が月2回以上あり

    ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の80%以上、変動20~30%未満

     STEP 3  中等症持続型

    STEP3: 中等症持続型
    • 症状が毎日ある
    • 短時間作用性吸入β2刺激薬頓用がほとんど毎日必要(月1回以上)
    • 夜間症状が月2回以上あり

      ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の60~80%、変動30%以上

       STEP 4  重症持続型

      STEP4: 重症持続型
      • 治療下でもしばしば憎悪
      • 症状が毎日
      • 日常生活に制限
      • しばしば夜間症状あり

        ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の60%未満、変動30%以上